再生医療推進法について

病気やけがで傷ついた臓器を復元する再生医療の研究成果は、いち早く治療に役立てたい。


新法は、そうした体制を整備する第一歩だ。


 再生医療推進法が参院本会議で全会一致により可決、成立した。


iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った治療を実用化するため、推進法は「再生医療を世界に先駆けて利用する機会を国民に提供する」と明記した。


 研究開発に関する基本方針策定や、大学などでの先進的な研究への助成を国の責務とした。

 政府は成長戦略の柱の一つに再生医療を掲げている。その実用化促進のための法的基盤が議員立法で整ったことを評価したい。


 再生医療は本来、患者本人の細胞や組織を使うため、臓器移植と違って拒絶反応の恐れがない。

目の難病である加齢黄斑変性については、既に理化学研究所がiPS細胞で治療する臨床研究を厚生労働省に申請している。

 これ以外にも、交通事故による脊髄損傷や心臓病の治療など幅広い分野への応用が見込まれる。


 iPS細胞を作製した山中伸弥・京都大教授のノーベル賞受賞に象徴されるように、日本は基礎研究では世界のトップ水準だ。


 問題は、その成果を実際の治療に活用したくても、障害が多いことである。例えば、治療効果を調べる治験に費用や時間がかかり過ぎる。これでは、ベンチャー企業などが参入しようとしても開発意欲がそがれてしまうだろう。


 このため、推進法は、再生医療製品の早期承認や審査体制の整備をうたっている。事業への新規参入を促すため、「必要な税制上の措置を講じる」とも定めた。



 現行法での審査は、人体にとって異物である医薬品を主な対象にしている。人体の細胞を基にした再生医療製品には、新たな審査基準を設ける必要もあろう。

 

再生医療を巡る海外の研究機関や企業との競争は激しい。実用化で後れを取らぬよう、具体策の検討を急ぐべきだ。

 推進法成立を機に、産学官の連携が進むことを期待したい。


 一方で、推進法が「国は安全性を確保し、生命倫理に対して配慮する」とクギを刺したのも当然である。

国民が安心して再生医療の治療を受けられるようにしなければならない。

 厚労省は再生医療を規制する法案を今国会に提出する方針だ。


アクセルである推進法と、ブレーキとなる規制法を適切に使い分ける法の運用が求められる。

(2013年4月28日 読売新聞)(4月28日付・読売社説より抜粋)

再生医療推進法が成立…iPSで国の責務定める

iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った再生医療に対する国の責務を定めた「再生医療推進法」が26日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。


 同法は、政府の成長戦略の柱の一つとされる再生医療を推進する土台となる「基本法」と位置づけられており、再生医療の研究開発や実用化を国が全面支援することになる。


 推進法では国の責務を明確にし、「最先端の科学的知見を生かした再生医療を世界に先駆けて利用する機会を国民に提供する」と明記。

迅速で安全な研究開発などを進めるための基本方針策定や、「必要な法制上、財政上、税制上の措置」などを義務づけた。


具体的には

〈1〉大学などの先進的な研究開発への助成

〈2〉高度な技術を有する事業者の参入促進

〈3〉再生医療製品などの早期承認・審査体制整備

〈4〉専門知識を持つ人材の育成




などを挙げた。基本方針は医療の進歩などを踏まえ、少なくとも3年ごとに見直すそうだ。




(2013年4月26日 読売新聞より抜粋)

「百の診療所より一本の用水路を!」医師講演会

中村哲医師の講演会が開催されますのでご案内いたします。



haru.jpg

2000年から、戦乱と干ばつのアフガニスタンで、無謀とも思える土木工事に挑んだ一人の日本人医師

2003年3月から7年の歳月をかけて全長25.5キロの用水路を完工、3000ヘクタールの農地が蘇った。

現地農民の自立のために近代工法を最小限に抑え、日本の江戸時代に完成した伝統工法を採用しての治水事業は、農業土木の原点とも評される。

戦乱の地に真の平和をもたらすものは何か、静かに問いかけます。




2013年8月10日(土)受付13:00~ 講演 13:30~15:30

会場 都久志会館 福岡市中央区天神4丁目8-10

TEL 092‐741‐3335

FAX 092‐781‐2348

入場料 会員 2,000円 未会員 2,500円 (当日3,000円)

主催事務局 ライフステーション100



ryakureki01.jpg







講師プロフィール:中村 哲(なかむら てつ、1946年9月15日 - )


福岡県福岡市出身の日本の医師。ペシャワール会医療サービス(PMS)総院長。西南学院中学校、福岡県立福岡高等学校、九州大学医学部卒業。



【略歴】
ペシャワール会現地代表:PMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)総院長。
1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州(現:カイバル・ パクトゥンクワ州)の州都ペシャワールのミッション病院ハンセン病棟に赴任しパキスタン人やアフガン難民のハンセン病治療を始める。
その傍ら難民キャンプでアフガン難民の一般診療に携わる。1989年よりアフガニスタン国内へ活動を拡げ、山岳部医療過疎地でハンセン病や結核など貧困層に多い疾患の診療を開始。2000年からは旱魃が厳しくなるアフガニスタンで飲料水・灌漑用井戸事業を始め、2003年から農村復興のため大がかりな水利事業に携わり現在に至る。
専門=神経内科(現地では内科・外科もこなす)


【受賞歴】
1988  外務大臣賞(外務省)
1992  毎日国際交流賞(毎日新聞)
1993  西日本文化賞(西日本新聞)
1994  福岡県文化賞(福岡県) *ペシャワール会
1996  厚生大臣賞(厚生省)
1996  読売医療功労賞(読売新聞)
1998  朝日社会福祉賞(朝日新聞)
2000  アジア太平洋賞特別賞(毎日新聞・アジア調査会)
2001  第7回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞
       (『医者井戸を掘る』)
2002  日本ジャーナリスト会議賞(日本ジャーナリスト会議)
2002  若月賞(長野佐久総合病院)
2002  第1回沖縄平和賞(沖縄県) *ペシャワール会
2003  大同生命地域研究特別賞(大同生命保険株式会社)
2003  マグサイサイ賞「平和と国際理解部門」
2004  アカデミア賞 国際部門(全国日本学士会)
2004  イーハトーブ賞(岩手県花巻市)
2008  第3回モンベル・チャレンジ・アワード受賞(モンベルクラブ・ファンド)
2009  福岡市市民国際貢献賞(福岡市) *ペシャワール会
2009  農業農村工学会賞 (旧農業土木学会)
     (The Japanese Society of Irrigation,Drainage and Rural Engineering.)
2010  アフガニスタン国会下院 表彰   ペシャワール会として受賞


【著書】

『ペシャワールにて』『ダラエ・ヌールへの道』『医は国境を越えて』『医者井戸を掘る』『辺境で診る辺境から見る』『医者、用水路を拓く』(石風社)
『アフガニスタンの診療所から』(筑摩書房)
『ほんとうのアフガニスタン』(光文社)
『医者よ、信念はいらない まず命を救え!』(羊土社)
『アフガニスタンで考える -国際貢献と憲法九条-』(岩波書店) 他多数

フランス終末期医療

日本ではまったく議論になっていませんが、ヨーロッパでは安楽死の是非についての議論が盛んなようです。


オランダ、ベルギー、ルクセンブルクが安楽死を法律で認めているほか、スイスは安楽死法こそありませんが、もともと法的に自殺ほう助を認めているので、自国で安楽死できない人がやってくる「自殺ツアー」もあるそうです。

 フランスでは2005年に、延命措置の中止による尊厳死を認める法律ができました。

この背景には、交通事故で全身がまひした青年が、当時のシラク大統領に安楽死を望む手紙を書いても認められず、2003年に母親に安楽死させられた事件が影響したようです。ただし、結局、安楽死は認めませんでした。


ところが昨年5月に就任したオランド大統領は安楽死の合法化に賛成らしく、国内で激しい議論になっているそうです。せっかくの機会なので、取材で会った緩和ケア専門医に安楽死について聞いてみました。

 パリのポール・ブルス病院緩和ケア病棟の医師プルシェさんによると、緩和ケアを受けている患者の中には時々、安楽死を希望する人がいるそうです。理由を尋ねると「苦しみたくない」「家族に迷惑かけたくない」「(終末期の)悪いイメージを残したくない」などと答えるそうです。


そんな患者にプルシェさんは「痛みは軽くできるし、家族に迷惑もかかりませんよ。それに、どんなにやせ細っても、家族はあなたに会いたいはずです」などと丁寧に説得するそうです。

 プルシェさんは「本当はまだ生きたいのに、ひどい状況になるのがいやで安楽死を望んでしまう。どのようにすれば、よりよく生きられるか、考えないといけません。さらには本人だけでなく、みとる側の家族のケアも大きな課題です」と話していました。

 パリの別の病院の緩和ケアの専門医は「もし安楽死法が可決されたら、医師をやめるか、その処置だけは他の医師に任せることになるのか、何とも言えません。国の決定は尊重したいと思いますが、自分にはできません」と正直な気持ちを語ってくれました。

 フランス緩和ケア・看取り協会(SFAP)のビンセント・モレル会長も「安楽死を望む人は、死ぬことで苦しみを消せると考えますが、緩和ケアはその苦しみを取り去るのが目的です。


無理な延命もよくないですが、安楽死には反対です」と立場は明確でした。メディアでも積極的に安楽死法案反対の論陣を張っているそうです。

 簡単には安楽死法案が通るとは思えませんが、今度の動向に目が離せません。


imageCAPPMAJW_20130424142143.jpg


読売新聞記事


藤田勝氏(ふじた・まさる)コラムより抜粋


2008年から医療部。終末期医療、大腸がん、皮膚疾患、耳・鼻の病気などを取材。


病院頼みの医療転換「適切な場所、最小費用で」

 政府の社会保障制度改革国民会議(会長・清家篤慶応義塾長)は22日、首相官邸で会合を開き、医療・介護分野について主な論点をまとめた。

 費用や必要性を度外視した診療を避け、「必要な時に適切な場所で、最小の費用で受ける」医療への転換を打ち出した。また、病院だけに頼らず、「地域全体で治し、支える医療」への転換の必要性も盛り込んだ。



imageCA14MJ93_20130424142234.jpg




 22日にまとめた「論点整理」は、急速な高齢化で社会保障費が膨らむ中、その伸びの抑制と、信頼、安心できる医療制度の実現とを両立させる狙いがある。


 会議では、

〈1〉国民健康保険の財政基盤を安定させるため、国民健康保険の運営主体を市町村から都道府県に移管する

〈2〉都道府県に対し、ベッド数や救急医療体制などを盛り込んだ地域医療計画や、地域医療の「将来ビジョン」の策定を求める


〈3〉75歳以上が加入する後期高齢者医療制度への現役世代の拠出金は、賃金が高い大企業ほど負担が増す「総報酬割」を全面導入する――などの具体策で大筋一致した。




(2013年4月23日 読売新聞)

病院頼みの医療転換!?

政府は、22日医療・介護分野について主な論点をまとめた。

費用や必要性を度外視した診療を避け、「必要な時に必要な適切な場所で最少の費用で受ける」医療への転換を打ち出した。
また病院だけに頼らず、「地域全体で治し、支える医療」への転換の必要性も盛り込んだ。

急速な高齢化で社会保障が膨らむ中、その伸びの抑制と、信頼、安心できる医療制度の実現を両立させる狙いがある。


医療・介護分野の主な具体策

※消費増税分を財源とする基金を創設し、地域医療を支援

※国民健康保険の運営主体を市町村から都道府県へ

※高齢者医療制度で現役世代の搬出金に「総報酬割」を全面導入

※患者が自由に医療機関を選べる「フリーアクセス」を改革。
 病院とかかりつけ医の役割分担を見直し



などが具体策として社保国民会議であげられたようだ。


4月23日火曜日 読売新聞より抜粋


英単語クイズ!

英単語クイズ、一週間に2回あります。医療英単語にも力を入れております。




130418_1611~002


130418_1612~001


1つの単語にも幅広い意味があり、文脈によってニュアンスが変わるものもあるので、

単語:単語のクイズではなく、一つのまとまった文章で出題されているので、覚えやすく効率的!

50点満点中、45点以上は青シール、満点合格はクラウンをゲットすることができます。

ボーナスクイズでは、英語のクロスワードがあるため、ゲーム感覚でスペルも習得できます。

英語を楽しく!

自分のものにしていくのが狙いです。


130418_1611~001



同じクイズを3回転しますので、確実に自分のものとなるでしょう!

クラウン、ゲットだぜ!

日本式医療丸ごと輸出!?

政府は17日、日本製の医薬品や医療機器を東南アジアなどの新興国に効率的、継続的に輸出するため、医療システムやサービスなどとパッケージにして売り出す方針を固めた。

「日本式の医療」を丸ごと輸出する。

新興国の健康維持に貢献すると共に、医療産業を国内の分野に育てる狙いがある。
新興国では、マラリアや結核などに対する医薬品の研究開発が進んでおり、高度な医療サービスへの需要が高まっている。

ただ、医薬品や医療危機を個別に輸出しても、他の先進国の医薬品や医療機器が先行している事例も多く、浸透が難しい側面もある。

一方で、日本の平均寿命の長さや、乳幼児の死亡率の低さをもたらした保健制度に対しての世界的な評価は高い。

パッケージでの輸出を推進することにした背景には、病院の建設や、医療機器、医薬品、各種保険の安定的な輸出につながるとの考え方がある。


世界の医療市場は2001年から10年まで、毎年平均8.7%で成長した。

世界の60歳以上の人口は、2050年には約24億人増える見通しで、医療への需要は高まると見られる。


(4月18日木曜日 読売新聞より抜粋)

医療国際化…

アベノミクス特区創設として、東京都は、最先端の医療都市を目指し、外国人医師を受け入れたり、英語で応対できる救急車や薬剤師などを置いたりする特区を設けるそうだ。

日本の医師免許を持たない外国人医師による国内での医療行為は法律で原則禁じられているが、これを緩和するとのこと。

海外企業が、アジアを統括する支社などを日本からシンガポールや中国へ移すケースが増えているため、外国人が暮らしやすい環境を整備し、海外企業を呼び戻す考えのようだ。

また、大阪府・市や愛知県に対しては、日本企業の活力を引き出すため、研究機関などへの寄付控除の拡充、
外国人高度人材の受け入れの規制緩和などが進められる見通しだ。

東京都は、地下鉄の一元化、都営交通の24時間化などを計画しているようだ。

(2013年4月16日(火)朝の読売新聞から引用)

医療が国際化し、東京・大阪・愛知の3大都市圏の他の地域では混合診療なども始まるようだ。

どのような利点があり、どのような問題が起こり得るのか、疑問もいくつか残る。

TPP交渉参加に向けてアメリカとの事前協議が決着したが、日本は7月から交渉に加わる見通しだ。

TPPとは医療に関してどのような協定で、企業や国民生活にどういう影響があるのだろうか。

医学部受験を目指す受験生の皆さんには、新聞やコラムを読んで自分の見解を述べられるようになってほしい。

未来塾では朝に天声人語を読み、毎週(金)には医療関係のコラムを読んだり講師の話を聞ける機会がある。

どんどん吸収して見聞を広げてほしい。




3.gif

受験勉強の筋道

ただいま数学実力テスト中です。

生徒の皆さんは集中して取り組んでおります。

自己採点をして、昼食をとったあとは、再び理科の実力テストが行われます。

午後からは進路指導に基づく計画書作成の時間があります。

一人一人に合ったベストなプランを、教務と進路指導室の先生と決めていきます。

計画書の綿密な作成が、今後の勉強をすすめていく大きな筋道となります。


共に進んでいきましょう。君は一人じゃないよ。


130408_1145~001


2013開講式!

本日、未来塾の開講式が行われました。さっそく実力テストも行われ、自己採点をすることで今の自分の立ち位置を確認した様です。

自分の苦手な箇所も把握できたようですので、これからスタートする新学期に備えて自学自習も進めております。




進路相談室の先生が、


≪尊い思いを心に持つと、尊い人になれる≫というお言葉を式で言われておりました。


先生が引用された、

ルイ・アラゴンの


≪教えるとは希望を語ること。学ぶとは誠実を胸に刻むこと≫というお言葉も胸に響きました。


130411_1811~00


130411_1811~002



生徒達も一人一人、尊い医師への思いを胸に、これからの受験勉強を進めてほしいと思います。



130411_1752~001


まだ、医学部合格がゴールではなく、ひとつの医師なる道への段階として迎えていってほしい。

合格してからこそ大変ですが、今は精神的にも一つ段階を上り、さらに強くなって厳しい受験勉強に勝つために

勉強を始めていきましょう。


120925_1444~003





安心して学べる場所

春ですね

130328_1338~0011


教室からの緑が見えて、都会の真ん中なのに、解放感を感じられますね

130403_1540~004s


この木々の中に大きなカラスの巣があるのです。

生徒達が一年を通して観察しております


今日はカラスの姿が見当たりませんが、昨年より巣のサイズがグレードアップしております。

写真がなかなかうまく映りませんが

さぁ今日も、快適な一日を!

集中して勉強に取り組める空間


アットホームで、安心して学べる場所が、博多駅前にあります



130403_1540~001g
プロフィール

wakamonomiraijuku

Author:wakamonomiraijuku
医進系予備校 若者未来塾ブログへようこそ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
医学部・医療系受験 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR