<ヒト臓器作製>

動物使う基礎研究容認 


政府の総合科学技術会議の生命倫理専門調査会は18日、動物の受精卵(胚)にヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを移植した「動物性集合胚」を、動物の子宮に着床させて個体を産ませ、ヒトの臓器を作製する基礎研究について、一定の要件を条件に認めうるとする方針で合意した。

将来の移植医療などのための基礎研究を想定している。次回会合で容認にあたり議論すべき論点を整理した見解をまとめる予定。

 現在の文部科学省の指針は、動物性集合胚を作製すること自体は目的を限定したうえで認めているが、動物の子宮に入れて育てることを禁止している。

 同調査会では、海外での規制の状況や、研究の進展状況などを踏まえ、動物性集合胚を動物の子宮に移植することの研究上の意義や、人の尊厳への影響、どこまで育てることを認めるか--について議論した。


人の尊厳の保持に影響を与える恐れがなく、科学的合理性と社会的妥当性に関する一定の要件を満たせば認めうるとする方針で合意した。

 また、移植用の臓器の作製以外に、病気のヒトの臓器を持つ動物を作り、病気の解明や新薬の開発に役立てたり、ヒトの多能性幹細胞の性質を調べたりするなど、研究目的の多様な可能性も認めた。

 動物の体内でのヒトの臓器作製を巡っては、東京大などの研究チームが、ブタの体内でヒトの臓器を作る研究を目指しており、生まれつき膵臓(すいぞう)ができないブタの体内で、別のブタの細胞を持つ完全な膵臓を作り出すことに成功している。


imagesCAV3E0DV.jpg



(毎日新聞記事より抜粋)

再生医療の未来

再生医療 ~ここまで進歩した最新医療の現在と未来~


再生医療とは、どのようなものか?

けがや病気で損傷した臓器・組織を、細胞の培養技術などのバイオテクノロジーと、人の自然治癒力を組み合わせて元通りに再生する医療のこと。

傷ついた人体の修復にあたり、これまでは、人口関節などの人口材料の使用や、皮膚や臓器などの移植医療を行ってきた。

しかし、人口材料には耐久性の限界があり、移植医療には、提供者の少なさ、移植後の拒絶反応など問題が多い。

再生医療の種類としては、

①臓器、骨、皮膚など人間のさまざまな体の部位に成長する可能性を持ったES細胞を育て、移植用の体の部位を作成し、患者の体に移植するもの

②体中に存在する幹細胞を用いて、同じく患者にとって必要な移植用の体の部位に変化させるよう育てたり
傷ついた臓器や体の組織の再生を助けるようにするもの。

複雑な機能を持つ臓器の再生はまだまだ将来の課題の段階だが、骨や軟骨、血管、神経、皮膚、角膜、血液、骨髄などはすでに実用化、もしくは数年から10年くらいの間に実用化が期待されている。


未来塾には、医療問題の最新時事を知れる雑誌や新聞の切り抜き、コラムの解説などのチャンスがあります。
色んな角度から最新の医療問題を知って、自分の意見を言えるように準備しておこう。


imagesCAXRJINK.jpg

医療ニュースの効率の良いインプット

医系小論文や面接を通じて大学側が試したいのは

「医療への熱意」

「医療を志すのにふさわしい論理性(人間愛)」

「科学者としての適性」


頻繁に扱われるテーマは?

クローン+人クローン胚研究容認・再生医療

遺伝子(生殖医療)+着床前・出生前診断

高齢者問題+介護保険法改正

安楽死(尊厳死)+人工呼吸器装着の問題点

日本の精神医療問題+自殺

豊かな人生・社会+ニート

エイズ+感染率の増加

感染症+SARDS・鳥インフルエンザ・ノロウィルス

脳死移植+生体移植

ボランティア+災害ボランティア


などです。


最近は、


「禁煙」

「医師の偏在・不足」もとりあげられやすいテーマです。




定番テーマとしては、


「環境問題」

「少子化・児童虐待」・・・少子化では2002年の日本の出生率は1.33%だったのが、2006年では1・25%へ変化


「医療過誤問題」

「青少年犯罪の凶悪化」


これらのトピックにプラスして、

「BSE」

「ハンセン症」


などについての基本知識を知っていると良いでしょう。


医療に常に関心があり、新聞をよく読んでいる という印象を与えて、得点をアップ!


若者未来塾では、ベテランの講師による医療記事の解説、新しいトピックを常に知れるように、

コラムや新聞などを用意

必要なトピックはまとめて見やすく用意しています。



課題文型・写真型・グラフ・資料型などで、最速に文章を書く練習も続けよう!




imagesCAGHRLDW_20130416100617.jpg

医学部新設の動きが活発化!!

1979年以降新設されていない医学部。


imagesCA9H4UYJ.jpg

医師不足に悩む自治体を中心に、準備を進める動きが活発になっている。

ただ、新設に向けた国の議論は一向に進んでおらず、いまだ実現のめどは立っていない。



 今年9月、医師不足の解消を目的に医学部誘致を公約に掲げる茨城県知事の橋本昌氏が、早稲田大に医学部新設を働き掛ける書簡を郵送したと報じられた。

また9月30日には、以前から県立医大の創設に意欲を見せていた埼玉県知事の上田清司氏が県議会で、「既存の私立大医学部の誘致は可能なアイデアだ」と、県立医大の代替案に言及した。


表1 医学部新設に名乗り出ている大学・病院や誘致に動いている自治体。

 そもそも医学部新設は以前から、医師不足に悩む自治体にある大学などが実現を望んでおり、

2010年2月には北海道医療大(北海道当別町)、国際医療福祉大(栃木県太田原市)、聖隷クリストファー大(浜松市北区)の私立3大学が、医学部新設に向けて準備を進めていることを公表した。


imagesCAXRJINK.jpg

 08年6月に舛添要一元厚生労働相が医学部定員数の増員を提言。その後民主党が医師養成数を1.5倍にする方針を示し、10年2月には当時文科副大臣だった鈴木寛氏が「医学部の新設も模索していきたい」と話した。


こうした動きから、これらの大学は医学部新設が具体化されるとみて“見切り発車”したわけだ。


大学と連携して目指す病院もある。その中で、以前から医学部新設に向け着々と準備を進めてきたのが、国際医療福祉大だ

「臨床教育を重視し、責任感と使命を持った“医の心”を持つ医師を育てたい」と、語る国際医療福祉大の北島政樹氏。
 同大学長の北島政樹氏は、「国際的なレベルの医師を育てるには、今よりも医師を増やして競争を促進し、技術力を上げる必要がある」と医学部新設の必要性を説く。

imagesCAFFG2VK.jpg


また、同氏は現在の医学教育に対し、「医学部の定員は増えているが、教員数などの医学教育環境が整備されていない。もっと臨床に特化した教育を行う医学部もあるべきだ」と指摘。

今後のチーム医療の重要性を強調し、「学生のうちからチーム医療の概念を学べるモデル大学を設立してもよいのではないか」と語る。

 新設が実現すれば、地域の中核病院で活躍する医師の育成を基本理念とし、附属病院と複数の関連病院で臨床実習を行う方針。


定員は125人としてうち25人は学士編入にし、卒業生に決められた地域で一定期間の勤務を義務付ける地域枠や奨学金制度枠も設ける考えだ。

imagesCASYS1AV.jpg



(日経新聞医療記事より引用 ※写真はイメージです)

日本の医学教育に“黒船”襲来!?

「日本の医学教育は“ガラパゴス化”している。

国民のために頑張ってきてはいるものの、日本に近代医学が入って以降、海外の医学教育と接する機会がなく、

世界に通用するカリキュラムになっていない」。

東大医学教育国際協力研究センター教授の北村聖氏はかつて、米オレゴン健康科学大教授のゴードン・ノエル氏から、そのような厳しい言葉を投げかけられたことがある。

座学中心の講義が多く、診断能力を習得する機会が乏しい。結果として日本の研修医の臨床能力は米国の医学生と同程度にとどまっている――というのが、ノエル氏の指摘だった。

だが、そんな日本の医学教育が今、外圧によって変えられようとしている。

imagesCAA4WOUV.jpg



 2010年9月。米国外で医学教育を受け、米国での臨床研修を希望する医師の臨床研修資格を認証するECFMG(Educational Commission for Foreign Medical Graduates)が、「2023年以降は、国際的に認められた認証評価を受けた医学部の卒業生のみを認証する」と通告したことに始まる。

この背景には、アジアや中東、中南米で医科大学の新設が相次ぎ、その卒業生が米国に多数流入したため、それらの医師の質の担保が必要となった事情がある。

 この通告によって、日本の医学部を卒業した医師も、このままでは2023年以降、米国の臨床研修資格を得られなくなるという事態に陥ってしまった。

そのため、文部科学省と全国医学部長病院長会議は、日本にも医学教育の認証機関を設置し、国際的に同機関を認められるよう働きかけることを決定。

2012年度の文科省の先導的大学改革推進委託事業(GP)で、認証機関となるJACME(日本医学教育認証評価評議会;Japan Accreditation Council for Medical Education)を立ち上げた。

認証は各大学の自己点検評価と、JACMEから派遣された評価者による実地評価とで行われる。

今年度は、試行的に東京医科歯科大と新潟大、東京慈恵医大の3校で評価を行い、ECFMGが期限とする2023年度までに希望する全医学部の認証を行う予定だ。



「何を教えているか」から「どのような医師に育てるか」へ


imagesCA9H4UYJ.jpg


 もちろん、この認証評価が国際的に認められるためには、評価基準自体も国際標準に準拠する必要がある。

そこで現在、日本医学教育学会の認証制度委員会が、世界医学教育連盟(WFME)による評価基準である「basic medical education WFME Global Standards for Quality improvement」を基とした日本版の評価基準の作成を進めている。

評価基準は5月にも公開され、パブリックコメントが求められる見込み。

 WFMEの評価基準は「医科大学の使命と目標」や「教育プログラム」など、9つの領域、36の下位領域に分けられ、それぞれ必達が求められる「基本的水準」と、到達すべき理想をまとめた「質的向上のための水準」が列挙されている。

その構成は日本版でも取り入れられそうだ。


(日経新聞トレンドレビューより引用)

栄養学を知れば、医療が変わる!

「食は生命なり」 香川 靖雄(かがわ・やすお)


これは女子栄養大学の創立者であり、医師であった私の母、香川綾の遺した言葉です。

「食事を通して栄養学を日々の暮らしに根付かせることが、人々の健康な生活につながる」という考えを表しています。

近年、食生活と深く関係するガンや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症、腎臓病、肥満、骨粗鬆症、認知症などといった「生活習慣病」の増加から、改めて食事の大切さが注目されています。

2000年には「健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)」がスタートし、2002年には「健康増進法」が成立、2005年には「食育基本法」が成立するなど、国を挙げての取り組みがなされています。

そのような中、さまざまな病気において栄養状態の改善が、患者のQOL(Quality of Life=生活の質)や予後に大きく関与することが明らかになってきました。

まさに、「食は生命なり」ということの重要性が再認識されたといえるでしょう。



■ 医師は患者さんの食事を管理する責任者

医療現場において、患者さんの入院から退院後における栄養管理は、医師や管理栄養士、看護師、薬剤師、検査技師など各分野の専門家が栄養サポートチーム「NST(Nutritional Support Team)」を結成し、相談しながら行います。

医師はすべての入院患者さんに対し、病状に応じた適切な栄養素の摂取量などの指示を「食事箋」(食事指示票)に書く、唯一の責任者なのです。管理栄養士はこの食事箋をもとに食事を作ります。

このように、医師にとって栄養学を学ぶことは、入院患者さんの栄養管理に必要というだけではなく、通院されている患者さんへの食事アドバイスのためにも、大切です。

■ バランスのよい食事とは?

「バランスのよい食事が大切」とよくいわれますが、いったいそれはどのようなものでしょうか?
私たちは健康なからだを維持し活動するために、食事から栄養素を摂ります。

栄養のバランスが悪くなると、生活の質が下がり、からだや心に不調を招いてしまいます。

たとえば、ダイエットのために食事を抜くなどして栄養が低下すると、エネルギーが不足し、からだがだるくなるなどの症状をひきおこします。

また、タンパク質が不足すると、からだの臓器や爪、髪の毛などの形成がうまくいきません。さらに、ビタミンB群が不足すると物忘れや認知症の傾向も現れます。反対に、過剰な栄養摂取は肥満や糖尿病などの原因になります。

このようにからだや心の働きを整え病気を防ぐためには、栄養をただ摂ればいいというわけではなく、バランスも大切なのです。

バランスのよい食事を摂る指針となるのが、「四群点数法」です。

これはあらゆる食品を栄養的な特徴が似たもので第1〜4群の4つのグループに分け、「食品で何をどれだけ摂るか」の目安としたものです。

それぞれの食品群からバランスよく食品を摂取することで、栄養が偏ることなく、変化のある食事を楽しむことができます。また、最近では外食や調理済み食品を食べる機会が増えたため、「料理で何をどれだけ摂るか」を目安にした、「食事バランスガイド」が発表されています。

毎日の食事を「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つのグループに分類し、コマが倒れないよう各グループからバランスよく摂るように指導しましょう。



■ 「1円あたり約1kcal」を目安に
近頃ではカロリーを表示した食品が増えたとはいえ、それぞれの食材や料理が何kcalかを覚えることは難しいものです。

私は患者さんにアドバイスする際、「1円あたり約1kcal」をひとつの目安にしてくださいと指導しています。

1個150円のおにぎりなら、約150kcal、500円のお弁当なら500kcalです。


このように判りやすい目安をもつことで、患者さんはカロリーを意識することができるのです。



imagesCAXRJINK.jpg



コラム:日経新聞医療記事より抜粋

意見:香川 靖雄(かがわ・やすお)

自治医科大学名誉教授。女子栄養大学副学長。
1932年東京都生まれ。東京大学医学部医学科卒業。聖路加国際病院、東京大学医学部助手、信州大学医学部教授、米国コーネル大学客員教授、自治医科大学教授、女子栄養大学大学院教授を歴任。専門は生化学・分子生物学・人体栄養学。1985年に日本医師会医学賞を、1996年に生化学研究に対し紫綬褒章、2006年には生化学研究・教育に対し瑞宝中綬章を受賞している。
著書に『ゲノムビタミン学』(建帛社)、『生活習慣病を防ぐ』(岩波書店)、『時間栄養学』『香川靖雄教授のやさしい栄養学』(女子栄養大学出版部)などがある。
プロフィール

wakamonomiraijuku

Author:wakamonomiraijuku
医進系予備校 若者未来塾ブログへようこそ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
医学部・医療系受験 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR