≪夏期集中個別特訓2014のご案内≫

若者未来塾は、受験生にとってより良き学びの場づくりを願い3年前に博多駅前に設立されました。
当塾の教職員は長年、受験指導の現場に立ち、大勢の受験生を志望校へ送り出してきた経験を持ちます。

≪夏期集中個別特訓2014のご案内≫

■ 基礎特訓コース:7/21(月)~ 8/10(日)
■ 実力養成コース:8/18(月)~ 8/31(日)

≪対象≫   医歯薬・理工系志望の中・高・高卒生
≪形態≫  講師と1:1の個別指導形式
≪科目≫   英語・数学・物理・化学・生物・小論文
(上記の中から選択できます)
※週3コマ以上から受講可(1コマ90分)

≪時間帯≫
平日  a.m.9:10~p.m.9:30
土曜日 a.m.9:10~p.m.6:00 
日曜日 p.m.2:00~p.m.6:00

第一志望校に合格する勉強法とは?

その方法と志望校に必要な入試情報等を含め、受験対策専門の講師が情熱を持って指導します。
君の弱点科目・強化項目に焦点を絞り徹底指導し、さらに得意科目を伸ばします。


→早速、早めに個別指導を受け始めている生徒もいます。スタートが早ければ早いほど、万全な対策ができます。
先生にしっかり質問ができ、余裕を持って進められます。自習の方法も含めて、しっかりとサポートしていきます。

県外からの通学生も大歓迎しています。

■交通アクセス抜群の博多駅から徒歩3分!JR・地下鉄・バス・新幹線

※ 個人用自習ブースは週3コマ以上受講の方に限り使用可です。

※夏期集中個別特訓を規定コマ数以上受講した方で、医進系後期グループ授業コース受講ご希望の方は、グループ授業への入塾金が半額免除となります。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。

※申込方法:申込用紙ご記入のうえFAXにてご送付いただくか、メールやお電話での申し込みも受け付けています。

※入塾面談後、授業料と振込先をお知らせいたしますので、事前にお振込みください。
授業料納入によ り申込が完了いたします。 クレジット決済可能です。(VISA・マスター・JCB)


お問い合わせ 少人数・医進系予備校 若者未来塾  (HPやfacebookページもご覧ください)

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-5-8ベルコモンズ博多4F(博多口から歩いて3分)

TEL 092-986-8680 / FAX 092-986-8577

[E-mail] info@wakamono-miraijuku.com





imagesCAZ7FB8I.jpg





分析、そして検証!

(前回のブログの続き)

2. 目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する。とは?


次に、自分はここまで達成しているけれど、ここが不十分なために運動が上達しない、あるいは試合で力が発揮できないのだと認めることが大切です。

これによって問題解決する具体的な方法を私情抜きに厳しく追求できるのです。

自分弱点を認めないまま、チームでは1番うまい選手だと考えて練習しているようでは、上達も遅く並の選手にしかなれません。


「前回負けたので今度はもっと練習して頑張るぞ!」

というだけでも、負けた理由や自分が鍛えるべき内容が正しいか否かが不明なので、また負ける可能性があるのです。


負けた理由を分析し、何が自分に欠けていたかをあらゆる角度から検証し、批判を受け入れて、それを解決する具体策を立てることが目標達成の条件になります。

次の試合までに時間がある場合は対戦相手も成長してくるので、より厳しい目標を掲げる必要もあるでしょう。

できるだけ高いレベルのコーチや一流選手の視点から評価を受けると、上達も早くなる上に、到達できるレベルも高くなってきます。



imagesCAXRJINK_201312031019052fa.jpg



文:林成之(はやしなりゆき)

日本大学医学部、同大学院研究か博士課程終了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターへ留学。
現在は日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教育を経て、2006年、日本大学大学院総合科学研究科教授。




未来塾の生徒も皆、朝ミーティングなどで、勝負脳について考え、自ら行動して実践をしています。継続は力なり!

(次へ続く)

これが勝負脳!



imagesCAXRJINK_201312031019052fa.jpg



人間が行動を起こして、目的を達成するためには、次の三つの作業が必要となります。

①目的と目標を明確にする

②目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する

③目的を達成するまで、その実行を中止しない

こんな簡単なことなら、言われなくても分かってる!と思われるかもしれません。

しかし、私たちは日常、こんな簡単なことさえできない生き方をしているのです。


今日は①について解説します。

①目的と目標を明確にする

私たちはよく「がんばります」と言いますが、これでは何も変わりません。これから運動の何をマスターするために頑張るのか、仕事の何を達成しようと頑張るのか、ハッキリさせなくてはならないのです。

とくに重要なのは、目的と目標をしっかり区別して考えること。


そうすることで、自分が最終的に望んでいる目的とは何なのか?そこに到達するために必要な目標は何か?

より明確になります。

この目的と目標の区別がはっきりしていないと、それらを達成する為の「具体策」が的確ではなくなります。

例えば、野球の一流選手になることが目的だとすると、一流になるためには何を鍛える必要があるのか、が目標となります。

すぐれた勝負脳の持ち主は、決して目的=勝負の結果に執着しません。


勝つために、どのようなゲームプランを立て、何を目標に戦いを進めていくかというプロセスに常に気持ちを

集中させることが、結果として目的達成につながることを、

たくさんの勝利の経験からイメージ記憶しているのです。




imagesCA5O99L0.jpg





文:林成之(はやしなりゆき)

日本大学医学部、同大学院研究か博士課程終了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターへ留学。
現在は日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教育を経て、2006年、日本大学大学院総合科学研究科教授。





プロフィール

wakamonomiraijuku

Author:wakamonomiraijuku
医進系予備校 若者未来塾ブログへようこそ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
医学部・医療系受験 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR