50難病 iPSで新薬

政府はiPS細胞をつかい、患者数が少ない難病の新薬開発を加速するプロジェクトに乗り出した。

パーキンソン病など50以上の難病が対象で2016年までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。

企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、日本初の難病治療薬を送り出す構想だ。

iPS細胞の技術をつかうと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞をつくり
生きたままの状態でふやすことができる。

難病の研究につかえば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が飛躍的に進むと期待される。

難病患者→皮膚や血液の細胞を提供→iPS細胞化→研究用細胞の作製→製薬企業の協力を得て、薬の候補を探す→有害な物質の発見→製品化へ

という構想のようだ。(読売新聞より抜粋)


imagesCAZJCUFN.jpg




研究者個人のつながりにとどまらず、研究から開発の体制を組むことで、製薬産業の競争力の向上にもつながりそうだ。





Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

ips細胞

私も、難病患者です。
レクリングハウゼン病です。
今回の50の中に入っているのでしょうか。
プロフィール

wakamonomiraijuku

Author:wakamonomiraijuku
医進系予備校 若者未来塾ブログへようこそ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
医学部・医療系受験 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR