リスニング必勝法

以前、お問い合わせのあったセンター試験の英語のことに関してですが、

質問の内容は「リスニングの時間に、問題冊子が配られたらすぐに開いていいのでしょうか?」という

ものでした。

いま大学センターへ問い合わせすると、

「リスニングの問題冊子が配られたら、すぐに開いてはいけません。試験監督が『開始』と言ったら開いても良いです。」

との回答でした。

塾や講師によって答えがまちまちで1点を争う受験生にとっては、とても大事な質問ですよね。

答えはNoでした。

しかし、そこには秘策があるかと推察します。

人間には「言語的常識」というものがあるため、選択問題や長文をスキミング(キーワードをピックアップして、

またはスキャンニング(全体に目を通す)などで、

あらかじめストーリーを予測することもできるかと思います。

「そんな余裕ないでしょ」という方もいるかと思いますが、最初に必ず説明の時間がありますよね。


リスニングで高得点をねらう秘策がまだまだあるのですが、ここでは控えたいと思います。

とにかく、必殺技は後からの点数押し上げですので、

練習して形式に慣れることが最大の秘策です。

対策として有効なのは、リスニングテストの第2問は、会話特有のLet's~ やWhy don't we~?、Shall we~?

の表現を使った会話のやり取りとほとんど同じ形式。

まず印刷されたもので会話の流れや会話特有の表現をつかんでおけば、準備になるでしょう。


過去問の研究が必須です。


あとは、授業や個別指導などをしっかり受けて、プロフェッショナルへ聞くことが近道です。






Post a comment

Only the blog author may view the comment.

No title

予備校によっては開始と言われてもボタン押して
リスニングの音声で注意事項のあと「…では、4pを開いてください。(ここ)第一問…」まで問題冊子を開かないようとに言われましたが、本番では開始と同時に開いていいことになっていたことが改めてわかって良かったです(^-^)

プロフィール

wakamonomiraijuku

Author:wakamonomiraijuku
医進系予備校 若者未来塾ブログへようこそ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
医学部・医療系受験 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR